顔のウブ毛の処理~顔の産毛を薄くするには~

顔の毛ってどこでも濃いと目立ってしまうので、処理に困ります。

 

また、顔の産毛が濃いとくすんで見えるんですよね。化粧ノリが悪いのは産毛が濃いのが原因の時もあります。
顔の毛については、眉毛・目頭などの毛も気になりますが、鼻の下や口周りの毛がヒゲが生えているように見えるのでとても悩んでしまう部位です。

 

また、男性が女性のムダ毛で気になる場所として、「鼻の上の毛」が70%弱とのアンケート結果もあります。
男性は女性の細かい体毛が気になる傾向にあるようです。

 

鼻の上の毛のほかに、小鼻の毛なども目立ちます。
この2つの毛は、黒ずみのように見えるので、肌が汚いと見られがちです。実は短い毛が生えているだけなのですが…。

 

 

眉毛はカットしたり、抜いたりで整えている女性は多いですが、それ以外の顔の産毛の処理はどうしたら良いのでしょうか。

 

顔用カミソリで剃る

これは慣れないとうっかり毛じゃなくて、肌を切ってしまうので注意した方がいいです。(経験あり…)
そしてここから、敏感な肌の人ですと肌荒れに突入します…。
鼻の下の毛とかも、難しいので注意が必要です。

 

そして剃ると濃く見えますので、ヒゲが生えてる…と男性にチェックされてしまう場合も!!

 

顔用シェーバーで剃る

剃る事自体には変わりませんが、安全にツルツルにできます。
不器用な人は顔用シェーバーの方がおすすめです。
眉毛の手入れも簡単に楽になります。

 

子どもの口周りの毛をお手入れしてあげるのにも良いですよ。
顔用シェーバーについてはこちら

 

毛抜きで抜く

鼻の下の毛がヒゲみたいに見えて嫌だからと、毛抜きで抜いてしまう人もいますが、ずっと続けていると毛穴が開いてきたり、埋没毛で黒くブツブツしてきたり、出来物ができたりと、結構毛抜きでのトラブルは多いのです。

 

特に毛穴の開きは年齢を重ねていくうちに目立ってきます。

 

頬の毛なども毛穴が目立ちますので、過度なムダ毛処理は厳禁です。

 

 

いずれにしても、顔の毛の処理の後には、保湿を十分にすることが大切です。
特に顔の部分はその後の肌トラブルで余計に苦しむ事になりますので、きちんとアフターケアをする事が重要です。

 

ムダ毛の自己処理はトラブルがいっぱい

スポンサードリンク

顔の毛を薄くしたい関連ページ

女性の胸毛・乳毛の処理
女性でも胸毛・乳毛(パイ毛)が生えている人はいます。乳首周りの毛はデリケートな部位でもあるので、正しいムダ毛処理を行わないと、黒ずみやシミになったりしますので注意が必要です。
ヘソ毛の処理
ヘソ毛が生えている女性は色々な場面で悩みます。どんな処理をしたら良いのでしょうか。デリケートな場所なので肌に負担をかけないでヘソ毛処理方法を選択しましょう。
お腹の毛の処理方法
お腹の毛(腹毛)が毛深くて悩んでいる人に、毛を薄くする処理方法についてまとめました。おへその下とかへその周囲とかの毛は気になるものですが、肌を痛める自己処理方法はやめましょう。
足の毛を薄くする方法
足の毛が濃いと、毎日のようにムダ毛処理をしなければいけません。肌を傷めないで、すね毛を薄くするような処理方法を選びましょう。
腕毛を薄く
腕毛が濃いと夏場などはとても目立ちます。腕毛を目立たさせなくするのに良い方法は。
女性の脇毛の処理方法
女性の脇毛の処理で適した方法は?自己処理の繰り返しで脇の黒ずみや肌荒れを起こしている人が多くいます。
女性のもみあげの処理は
女性でもみあげが濃い、毛量が多い場合、どういう処理をした方が良いでしょうか。まとめ髪にした時にもみあげが手入れされていないと目立ってしまいます。
腰毛を薄くするには 腰のムダ毛処理方法
腰毛を薄くするには?腰のムダ毛が濃い、フサフサしていると、ビキニの水着やローライズのパンツなどを履く時に毛深いのが目立ちます。腰のムダ毛を自己処理する時の注意点をまとめました。
陰毛を薄くする方法
陰毛が濃い…処理に悩む女性は多くいます。あそこの毛の処理って誰に聞くってわけにもいかないし、下手にやると肌を痛める可能性も。陰毛を薄くするのに良い方法は。
指毛の処理
女性でも指毛が生えています。マメに処理をしているつもりでも、うっかりしているとボーボーに。