子どもの産毛が濃いのは気になっていたけど…

赤ちゃんの時から毛深いなと思ってた

 

 

赤ちゃんの時から何となく子供が毛深いなと思っていた…。
全体的に産毛が濃いし、背中とか渦巻いていたり。

 

でもまだ赤ちゃんだし、そのうち毛がなくなるかも…と思っていたけど、2歳、3歳と幼児になっても毛深いのは変わりなし。

 

幼稚園に行ったらもしかしたらお友達から、「○○ちゃん、毛がいっぱい」とか言われたりしないだろうかひそかに心配していた。

 

でも、まだ4,5歳でムダ毛処理なんてしない方がいいだろうし、どうにも出来なかった。
娘も自分が毛深い事をそれほど気にしている様子はなかったので、とりあえず様子見…。

 

こんな風に、子供が毛深い事について、赤ちゃんの頃から心配にはしていたけれど、そのうち成長と共に体毛も薄くなるんじゃないか…と期待して様子を見ているお母さんがたくさんいます。

 

子どもが毛深いのは、親の自分が毛深いのよりも余計に心配です。だって自分が毛深くて苦労しているから、娘がこの先同じように苦労したり、同性の友達に指摘されたり、男の子にからかわれたりしないか心配なのです。

 

 

私の母も自分が毛深くて苦労したので、娘である私の毛深さを気にしていました。
私はぼんやりしていた子でしたので、気になりはじめたのは中学生からなんですが、それ以降苦労しているのを見て、大変だよね…って気持ちはわかってくれていたと思います。

 

中には、とても子供が毛深くて悩んでいるのに、母親が毛深くなくて「まだ子どもなんだかそのままにしときなさい」といって、何もしてくれなくて一人で苦しんでいる女の子がいるのです。
ほかにも、毛を処理したい子どもに向かって、「色気づいて!」と、非難する親もいるのだとか。
特に昔はそう言われてしまった人も多いようです。

 

ネットの質問版でその事を知って、かわいそうだな…と本気で思いました。

 

 

このページを見てくれている人は、子どもが毛深いからどうにかして対処法を知りたいと考えているお母さんだと思うので、それだけでも体毛の濃い娘さんや息子さんにとっては救いなのではないかと思います。

 

 

では、子供が毛深い場合、どうするのが良いでしょうか?

 

 

子どもが気にするまでとりあえず様子見

 

子供が毛が濃い事を気にする年齢は、早いと幼稚園の年少さんでも気になる子は気になるようです。
肌を出す季節、プール開きなど、毛が目立ってくると急に友達に指摘されて気になる子もいるでしょう。

 

でも、子どもが自分が他の子と比べて、毛深い、毛が多くて嫌だと気になり出したら体毛の処理を考えましょう。
子どもの肌は大人よりもデリケートなので、剃ったり抜いたりするのはやめた方が良いと、皮膚科などに相談しても言われるはずです。

 

顔の産毛だけはどうしても気になるなら整えてあげるのも一つの手

 

顔以外の体毛に関しては、子どもが気にしていないなら小学生になるまでは少なくとも待った方が良いです。
肌が敏感ですし、幼稚園に入って色々な病気をもらってくるので、雑菌など怖いですよね。
でも、例えば、ひげが目立つ、鼻の下の毛、眉毛が繋がっている。
こういうのは、どうしても目立ちますし、幼稚園のお友達も気づいてしまうかもしれません。

 

昔は、散髪屋で髪を切る時に、顔剃りしてもらっていた人もいるので、どうしても顔の産毛が気になるならたまに整えてあげるだけで随分変わります。

 

その時は決してカミソリではなくて、顔剃り用の電気シェーバーなどでお手入れしてあげて下さい。
肌へのダメージが少なくて済みます。

 

その後、保湿をしっかりしてあげる事も大事です。

 

小学生以降で子どもが気にしはじめたら、ムダ毛処理を考えてみましょう。

 

子供のムダ毛処理をする上での注意点

 

 

 

 

スポンサードリンク

子供が毛深いけどどうしたら?関連ページ

子供のムダ毛処理どれがいいの?
子供の体毛が濃いけれど、子供のムダ毛処理で良い方法は何でしょう?敏感な子どもの肌に負担をかけない処理方法を選択しましょう。
子どもの体毛を薄くするには
子供の体毛を薄くするのに適した方法は、肌に負担をかけないやり方でムダ毛処理をする事です。