陰毛を薄くしたい

陰毛を薄くするにはどのような方法が適しているでしょうか。
デリケートな体毛部位である陰毛の処理は、ほかの部位よりも気を付ける必要があります。

 

陰毛を少なくしたい、薄くしたいのと、全くのツルツル(いわゆるパイパン)にしたい場合とでは処理方法も変わります。
またどの部分の陰毛を処理するのかでも、注意することが変わります。

 

 

陰毛を薄くする方法

 

>>体毛を薄くする肌に優しい抑毛ジェル

 

Vライン・Iライン・Oライン?

 

脱毛エステなどには、上記のような光脱毛プランがありますが、VラインはともかくIライン?Oラインって何のこと?と思う人もいるのではないでしょうか。
これらはすべて、股間の毛の部分。陰毛、デリケートゾーン、ビキニラインとも呼ばれていたりします。

 

Vラインは、水着や小さい下着をつける時に、はみ出さないように陰毛を整えますよね。
ハミ毛とかめちゃくちゃ恥ずかしいですからね。デートで海とかプールの時は念入りにお手入れする部分ですw

 

Vラインの範囲の処理は、女性は結構日頃からお手入れしているものです。

 

Iラインは、いわゆる女性器周辺の陰毛です。この部分はなかなか確認できる部位ではないので、どのように処理をしたら良いのか悩む人も多いのです。

 

また、Iラインの毛量が多かったりすると、下着からはみ出してしまうので、美を目指すなら、この部分の陰毛も処理が必要になります。
特にTバックなどの下着をつける場合は必須ですよね。

 

では、Oラインはどこ?かといえば、肛門周囲に生えている陰毛になります。
おしりの穴に毛が生えている人なんているの?と思う人もいるようですが…。

 

意外と、女性でもこのOライン、お尻の穴の毛が生えていたりするんです。
脱毛エステのプランでもOラインという脱毛部位が設定されているわけですから、女なのにお尻の毛が…と悩む人も多いわけです。

 

見た目の観点からいえば、Oラインに毛が生えていようが別に見えるわけじゃないので陰毛の処理も必要ないですよね。
ただあまりにもOラインの毛量が多い場合は、下着によってははみ出る可能性もありますが。

 

 

一番気になるのは、セックスの時だと思います。肛門に毛が生えているのを知ってびっくりする男性もいるかもしれませんね。
AV女優さんなんかは、綺麗に処理している人だらけのようですので、女性でもお尻の毛が生えている事を知らない男性もいるようです。

 

 

では、このようなデリケートゾーンである陰毛処理に最適な方法はあるのでしょうか?

 

カミソリで剃るのはダメ!

 

陰毛を剃るとチクチクしますし、肌の弱い人はかゆくなります。
毛穴が炎症して、赤いブツブツになったりしますので、敏感肌の人は特に注意した方が良いでしょう。

 

また陰毛が生えてくるに従い、パンツを履くと、特にかゆみが酷くなります。
伸びてきた陰毛とパンツが接触することによって、陰毛が肌を刺激し、かゆみが倍増します。

 

また同様に陰毛をハサミでカットするのも、このチクチクでかゆくなります。

 

陰毛を毛抜きで抜くと毛嚢炎になる場合も!

 

剃る以外にも、毛抜きで陰毛を抜くという人もいるかと思いますが、これにも注意が必要です。
毛抜きで抜くと、毛嚢炎になる可能性があります。
毛穴から炎症が起こり、そこに雑菌が入ると赤いニキビのようなできものができ、痛みを伴います。

 

陰部周辺、外陰部などが腫れ上がったりすることもあるので、病院で治療しないといけなくなる場合があります。

 

毛抜き以外にも、脱毛ワックス、電気脱毛器などでも起こり得ます。

 

また、毛を抜く処理方法は、埋没毛にもなりやすいのです。
その埋もれた毛をほじくり返したりしてしまうと、毛嚢炎へと発展する場合も。

 

 

このように、陰毛部分の自己処理については非常に注意が必要なんです。

 

 

では、陰毛の処理はどうしたら?

 

ムダ毛の自己処理で肌トラブルを防ぐ方法

スポンサードリンク

陰毛を薄くする方法関連ページ

女性の胸毛・乳毛の処理
女性でも胸毛・乳毛(パイ毛)が生えている人はいます。乳首周りの毛はデリケートな部位でもあるので、正しいムダ毛処理を行わないと、黒ずみやシミになったりしますので注意が必要です。
ヘソ毛の処理
ヘソ毛が生えている女性は色々な場面で悩みます。どんな処理をしたら良いのでしょうか。デリケートな場所なので肌に負担をかけないでヘソ毛処理方法を選択しましょう。
お腹の毛の処理方法
お腹の毛(腹毛)が毛深くて悩んでいる人に、毛を薄くする処理方法についてまとめました。おへその下とかへその周囲とかの毛は気になるものですが、肌を痛める自己処理方法はやめましょう。
足の毛を薄くする方法
足の毛が濃いと、毎日のようにムダ毛処理をしなければいけません。肌を傷めないで、すね毛を薄くするような処理方法を選びましょう。
腕毛を薄く
腕毛が濃いと夏場などはとても目立ちます。腕毛を目立たさせなくするのに良い方法は。
女性の脇毛の処理方法
女性の脇毛の処理で適した方法は?自己処理の繰り返しで脇の黒ずみや肌荒れを起こしている人が多くいます。
女性のもみあげの処理は
女性でもみあげが濃い、毛量が多い場合、どういう処理をした方が良いでしょうか。まとめ髪にした時にもみあげが手入れされていないと目立ってしまいます。
腰毛を薄くするには 腰のムダ毛処理方法
腰毛を薄くするには?腰のムダ毛が濃い、フサフサしていると、ビキニの水着やローライズのパンツなどを履く時に毛深いのが目立ちます。腰のムダ毛を自己処理する時の注意点をまとめました。
顔の毛を薄くしたい
顔の産毛が濃い・口周りのヒゲみたいな毛が気になる。顔の毛の処理方法について
指毛の処理
女性でも指毛が生えています。マメに処理をしているつもりでも、うっかりしているとボーボーに。