女なのにへそ毛…処理方法は?

女なのにへそ毛が生えている…。へそ周りに生えている毛はどうしたら良いのでしょうか。

 

女性でもヘソ毛が濃い事に悩んでいる人は意外と多いのです。体毛が濃い人は、へそ毛も濃くなりがちです。
へそ毛とはおへその回りに毛が生えていたり、おへその下5cm位までに濃い産毛が、あるいはもはや産毛とは呼べないムダ毛の事です。
おへそからビキニラインまでの体毛が濃い事を、ギャランドゥと呼ぶ人もいます。

 

脱毛エステなどでは「へそ周りの毛」というプランがあるように、へそ毛を薄くしたいと考えている人は多くいます。

 

女なのにヘソ毛が生えているのはとても気になりますよね。
男性でも濃いへそ毛が生えている事を悩んでいる人もいる位ですから女性なら悩んで当然です。

 

水着なども、ビキニだとおへそ周りはしっかり出てしまいますから、ムダ毛の処理も考えないといけません。

 

おヘソからビキニラインまで濃い毛があるのはやっぱり目立ってしまいます。

 

 

ヘソ毛の処理については、カミソリで剃る、抜く、永久脱毛などのやり方がありますが、それぞれ注意点をまとめました。

 

 

剃る

 

おへそ周りの毛をカミソリで剃る方法はおすすめしません。

 

なぜなら、へそ周り自体が肌が柔らかくてデリケートな所なので、カミソリ負けして肌が傷つき色素沈着してしまっては大変だからです。
せめて肌へのダメージを少なくする電気シェーバーなどを使用するようにしましょう。

 

 

しかし、へそ周りの周辺の毛は薄い産毛もたくさんあります。
剃ってしまうと、全体的に濃く見えるようになる危険性もありますので注意してください。

 

 

抜く

 

数本程度、太い毛が気になるという場合には、抜く方がへそ周りの毛を薄くしたい、目立たなくさせるには適した方法でしょう。

 

しかし抜くことは、埋没毛を作りやすく、それを毛抜きでほじくり出してシミになるパターンがあります。
それはソイエなどの電動脱毛器で抜いても同様ですので、埋没毛の処理については余計に注意が必要です。

 

 

 

濃いヘソ毛を薄くする方法には

 

剃る、抜くなどの自己処理は、せっかく綺麗にしようと思ってムダ毛処理したお腹を汚くしてしまう可能性がある事を書いてきました。
なので、へそ毛、へそ周り周辺の体毛は、あまり自己処理を繰り返すことはおすすめしません。

 

 

脱毛エステの中に、ヘソ毛脱毛プランが格安でできるサロンもありますので、気になるようでしたら検討してみても良いでしょう。

 

 

ケノン最新型フラッシュ脱毛器が自宅で可能に!

エステに行かなくても自宅で光脱毛ができる
自分のペースで出来るから毛周期に合わせて脱毛可能
レーザー脱毛したけどやり残しで残っている毛がある人にも便利

>>高性能家庭用フラッシュ脱毛器についての詳細はこちら

スポンサードリンク

ヘソ毛の処理関連ページ

女性の胸毛・乳毛の処理
女性でも胸毛・乳毛(パイ毛)が生えている人はいます。乳首周りの毛はデリケートな部位でもあるので、正しいムダ毛処理を行わないと、黒ずみやシミになったりしますので注意が必要です。
お腹の毛の処理方法
お腹の毛(腹毛)が毛深くて悩んでいる人に、毛を薄くする処理方法についてまとめました。おへその下とかへその周囲とかの毛は気になるものですが、肌を痛める自己処理方法はやめましょう。
足の毛を薄くする方法
足の毛が濃いと、毎日のようにムダ毛処理をしなければいけません。肌を傷めないで、すね毛を薄くするような処理方法を選びましょう。
腕毛を薄く
腕毛が濃いと夏場などはとても目立ちます。腕毛を目立たさせなくするのに良い方法は。
女性の脇毛の処理方法
女性の脇毛の処理で適した方法は?自己処理の繰り返しで脇の黒ずみや肌荒れを起こしている人が多くいます。
女性のもみあげの処理は
女性でもみあげが濃い、毛量が多い場合、どういう処理をした方が良いでしょうか。まとめ髪にした時にもみあげが手入れされていないと目立ってしまいます。
腰毛を薄くするには 腰のムダ毛処理方法
腰毛を薄くするには?腰のムダ毛が濃い、フサフサしていると、ビキニの水着やローライズのパンツなどを履く時に毛深いのが目立ちます。腰のムダ毛を自己処理する時の注意点をまとめました。
陰毛を薄くする方法
陰毛が濃い…処理に悩む女性は多くいます。あそこの毛の処理って誰に聞くってわけにもいかないし、下手にやると肌を痛める可能性も。陰毛を薄くするのに良い方法は。
顔の毛を薄くしたい
顔の産毛が濃い・口周りのヒゲみたいな毛が気になる。顔の毛の処理方法について
指毛の処理
女性でも指毛が生えています。マメに処理をしているつもりでも、うっかりしているとボーボーに。