ムダ毛の自己処理ってどうやるの?

ムダ毛処理って、女性なら誰でも多かれ少なかれ経験があるはずですが、意外と誰もムダ毛の処理方法について多くは語らなかったりしますよね^^;

 

結構ムダ毛の話題って実はタブー。
みんな必死でムダ毛処理をしていたとしても、詳細については闇の中だったり。
またお金を貯めて、こっそりレーザー脱毛などに通っている女性もいます。

 

ムダ毛の自己処理方法は一般的な方法は以下のやり方です。

 

カミソリで剃る

 

一番手軽で一般的な処理方法。
全身カミソリで剃っている人も多いです。
でも、カミソリで剃ると毛の表面をカットしただけなので、すぐに生えてきます。結果、毎日のように処理をしないといけなかったり。
毛の断面が鋭く広くなるので、毛が太くなったように見え、チクチクする肌触りが非常に不快です。
また、カミソリ負けなどで肌を痛める場合があり、シミなど色素沈着・黒ずみの原因になったりすることも。

 

電気シェーバー

 

カミソリほどは肌を傷めないで、ムダ毛処理ができるの電気シェーバー。
でも肌の表面から毛をカットするのに変わりはないので、頻繁にムダ毛処理が必要になる事は同じです。

 

毛抜きで抜く

 

ワキの毛などは1本1本毛抜きで抜いている女性も多いです。毛根から抜くので、生えてくるまでに時間がかかるのでムダ毛処理の頻度は少なくて済みます。
でも毛抜きで抜くのは時間もとてもかかるし疲れます。また黒いボツボツとした埋没毛の原因にも。

 

 

脱毛テープ、ワックス、脱毛器

 

毛抜きとは違って一気に抜く事が出来るので、短時間で済むのがメリットです。
しかし毛穴に少なからずダメージを与えるのは一緒なので、埋没毛の問題もあります。ビキニラインの剛毛を脱毛すると毛穴から出血することも!
また、短い毛だと抜けない場合があるので、ある程度の長さが必要になります。薄い毛ならいいですが、剛毛を脱毛できる長さまで伸ばす事自体が見た目の問題で出来ない場合もあります。

 

除毛クリーム

 

薬剤で毛を溶かして除毛します。広範囲のムダ毛処理に適しています。
カミソリなどと違い、毛の断面が自然でソフトに除毛できるので、チクチクしないというメリットがあります。
でも表面の毛の処理だけですので、すぐに毛が生えてきます。また、薬剤で肌荒れしてしまう敏感肌の人には向きません。

 

脱色剤

 

学生の時に剃ったり抜いたりは抵抗があるので脱色剤で少しでも毛を薄くしたいと思う人は多いですよね。
脱色剤は文字通りムダ毛を脱色するものですが、金髪のようになります。
脱色した直後は、毛が金色・色素が薄い色になりますのでパっと見は目立たなくなります。
でも、徐々に根元から黒い毛が伸びてきますので、金色と黒色のコンストラストが逆に目立って気持ち悪かったり。
また、脱色すると、毛が異常に長くなる場合があります。結局目立つし、見た目も良くないのでそれに耐えられなくて剃ってしまいたくなります。

 

肌に刺激があるものですが、敏感肌の人は脱色剤にかぶれる可能性があります。

 

 

ムダ毛の自己処理といっても色々な方法がありますが、どの方法も一長一短であるという事です。

 

一番問題なのはムダ毛の自己処理によって起こる肌トラブルです。

 

ムダ毛の自己処理はトラブルがいっぱい!

 

ケノン最新型フラッシュ脱毛器が自宅で可能に!

エステに行かなくても自宅で光脱毛ができる
自分のペースで出来るから毛周期に合わせて脱毛可能
レーザー脱毛したけどやり残しで残っている毛がある人にも便利

>>高性能家庭用フラッシュ脱毛器についての詳細はこちら

スポンサードリンク

ムダ毛の自己処理方法 メリットとデメリット関連ページ

ムダ毛の自己処理はトラブルがいっぱい
ムダ毛の処理って女性なら誰でも多かれ少なかれみんなしているはずなのに、現実では詳細は語られませんね。自己処理も正しい方法で行わないと肌トラブルの元になります。
シェーバーでの処理は肌へ負担になる?
ムダ毛処理をする時、シェーバーで処理をすると肌に負担になるのでしょうか?できるだけ肌にやさしいムダ毛処理を行いましょう。